Oncology Department

乳腺腫瘍、リンパ腫、肥満細胞腫など、CT検査~抗がん剤治療まで
様々な腫瘍に合わせた治療を行います。

最近は犬・猫の寿命が延びて、腫瘍(がん)の発生が非常に多くなってきました。ある報告では、全ての犬の23%が、特に10歳以上の犬では45%が腫瘍に関連して亡くなっているとされています。
体表のしこりにご家族が気付いて来院されることが多いですが、病院でレントゲン検査やエコー検査、血液検査を行なってはじめて見つかる腫瘍も多く存在します。どのような腫瘍でも早期発見・早期治療が重要です。
プリモ動物病院グループでは定期的な健康診断を推奨し早期発見に努め、腫瘍の種類や状況に応じた最適な治療を計画し行っています。

  • 加藤 憲一 かとう けんいち
    相模原プリモ動物医療センター 院長
    学  歴
    日本大学生物資源科学部獣医学科卒業
    所属学会
    日本獣医がん学会
    資  格
    獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
    専門分野
    腫瘍科・画像診断科
  • 松田 裕樹 まつだ ひろき
    相模原プリモ動物医療センター 勤務
    学  歴
    日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科卒業
    所属学会
    日本獣医がん学会
    資  格
    獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
    専門分野
    腫瘍科
  • 綿貫 貴明 わたぬき たかあき
    相模原プリモ動物医療センター第2病院 副院長
    学  歴
    日本大学生物資源科学部獣医学科卒業
    所属学会
    日本獣医がん学会
    資  格
    獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
    専門分野
    腫瘍科・整形外科・一般外科

腫瘍の診断

WHOのTNM分類に基づいて、原発巣(T)・リンパ節(N)・遠隔転移(M)の3点を評価して診断します。

1原発巣の評価

原発巣とは最初に腫瘍(がん)が発生した部分にある病巣のことです。原発巣の腫瘍が現在どのような状態にあるのかを知ることが、腫瘍診断の入口となります。評価方法は発生部位によって検査が異なります。

視診 体の表面にできた腫瘍 形、大きさ、硬さ、色、固着性、自潰の有無などを確認
レントゲン・エコー検査 内臓や骨など体内にできた腫瘍の確認、周囲組織への浸潤度の確認
高度画像診断 CT検査・MRI検査で、レントゲン・エコーでは確認できない腫瘍の確認(特に脳・脊髄など)
血液検査・骨髄検査 血液・リンパ系の腫瘍

これらの検査と合わせて、どんな種類の腫瘍かを調べるために、細胞診検査や組織生検などを行います。

細胞診検査 腫瘍に細い針を刺して細胞を採取し、腫瘍がどのような細胞でできているのかを確認します。
○腫瘍と炎症(細菌感染など) や 過形成(正常組織の過剰増殖)などの鑑別
○腫瘍の良性 or 悪性の鑑別
○腫瘍の種類の鑑別
メリット・・・細い針を使用するので動物への負担が少ない
デメリット・・・腫瘍のほんの一部の細胞しか採取できないので診断率は高くない
☆一部の腫瘍(リンパ腫,肥満細胞腫など)については細胞診のみで診断が可能

リンパ腫

肥満細胞腫

悪性黒色腫

組織生検 腫瘍の一部を切り取り、病理検査を行います。
メリット・・・細胞診検査より大きい組織を採取できるので診断精度が高くなります
デメリット・・・発生部位によっては全身麻酔が必要な場合や実施不可能な場合もあります

2リンパ節の評価

腫瘍の主な転移経路の一つにリンパ管を介したリンパ節転移があります。リンパ節への転移は、腫瘍に近いリンパ節から浸潤していきます。そのため、腫瘍の進行度を把握する上で、リンパ節の評価は重要となります。
体表のリンパ節については触診で、体内のリンパ節についてはレントゲンや超音波検査などで、リンパ節の増大を確認します。
リンパ節の大きさ、硬さなどを確認し、必要に応じて細胞診検査や組織生検を行い、リンパ節への腫瘍の浸潤の有無を確認します。

3遠隔転移の評価

原発部位から離れた臓器への転移の有無を確認します。遠隔転移の確認はレントゲンやエコー検査を行います(CTを実施する場合もあり)。リンパ節の評価同様、遠隔転移の有無も腫瘍の進行度を把握する上で重要となります。一般的には肺への転移が多いですが、腫瘍の種類によっては肝臓、脾臓、骨などの部位で起こることがあります。

治療

腫瘍に対する治療法は、主に外科療法、化学療法、放射線療法の3つが中心となります。
腫瘍の種類や発生部位などにより、適用となる治療法が変わってきます。また、状況によりこれらを併用する場合もあります。
当院では外科手術、化学療法を実施していますが、放射線治療は特殊な治療装置が必要となるため、大学病院への紹介を行っています。

1外科療法

多くの腫瘍で外科療法が治療の第一選択になります。
○最も治療効果が高い
○手術侵襲による負担、身体的欠損など

外科療法は大きく根治的手術と緩和的手術に分けられます。
根治的手術・・・根治を目的として腫瘍を周囲の正常組織ごと大きく切除
緩和的手術・・・完全切除が難しい場合に、症状を軽減させる目的で行う手術
★緩和的手術後は必要に応じ化学療法や放射線療法を併用します。

2化学療法

いわゆる抗がん剤治療のことです。リンパ腫、白血病など血液由来の腫瘍では治療の主役となります。
○特殊な設備が不要
○手術後の補助治療(再発・転移の予防)
○放射線治療と併用(放射線の増感作用)
★抗がん剤による副作用の問題
一般的な副作用は、骨髄抑制、嘔吐・下痢、脱毛などの症状です。重篤な副作用を出さず、高い治療効果を得るには化学療法の正しい知識と経験が必要となります。

3放射線治療

高エネルギーの放射線を腫瘍に照射することにより、腫瘍細胞を死滅させます。
○手術が困難な部位でも治療可能
○照射毎に全身麻酔が必要
○実施できる施設が限られる

症例

  • 犬の乳腺腫瘍

    乳腺腫瘍とは、乳腺組織が腫瘍化してしこりができる病気です。雌犬の腫瘍では1番多く、平均発生年齢は10歳くらいです。避妊手術を受けていない場合の発症率は25%ですが、初回発情前に避妊手術を受けた場合の発症率は0.5%と大幅に低下する為、早期の避妊手術で乳腺腫瘍の予防を期待できます。
    犬の場合は良性が50%、低悪性度が25%(手術で根治可能なもの)、高悪性度が25%(再発・転移のリスクが高いもの)と言われています。そのままにしておくと、肺やリンパ節への転移、腫瘍の自壊や出血、がん細胞の増加により痩せてしまうなどの影響が出てくる可能性がありますので、早期に対応してあげることが大切です。治療の第一選択は外科手術による腫瘍の切除です。手術前に、腫瘍の大きさや成⾧スピード、細胞診(注射針で細胞を採取して行う検査)、転移の有無などから、良性/悪性の推測を行い、その子にあった術式や手術スケジュールを決めていきます。

  • 猫の乳腺腫瘍

    猫の腫瘍の中では3番目に多い病気です。犬と同様で、早期の避妊手術が予防に有用です。6ヶ月齢までに避妊手術をした場合は91%、1歳までに避妊手術をした場合は86%、避妊手術をしていない場合より発生率が減少するという報告があります。
    猫の乳腺腫瘍は犬よりも悪性の確率が非常に高く、80~90%と言われています。また、浸潤性(まわりに広がっていく性質)が強く、高確率でリンパ節や肺に転移するので、手術では広範囲での乳腺切除やリンパ節切除を行う必要があります。悪性度が非常に高い病気なので、避妊手術による予防や、早期発見・早期治療がとても重要です。

  • 犬の肛門周囲腺腫

    肛門周囲腺腫とは、肛門周囲の分泌腺が腫瘍化したもので、肛門あるいは尾の周囲に発生が認められます。男性ホルモンが関与しているので、去勢手術を受けていない高齢の雄では注意が必要です。肛門周囲腺腫は良性腫瘍ですが、大きくなることで排便障害や出血を伴うことがあります。
    したがって、治療としては腫瘍の切除手術が推奨されます。その際は、再発の可能性を低くするために、去勢手術も同時に実施します。
    肛門周囲には悪性腫瘍(肛門周囲腺癌、肛門嚢腺癌)が発生する場合もあるので、治療には注意が必要です。

  • 犬の肥満細胞腫

    肥満細胞腫とは、肥満細胞という免疫やアレルギーに関わる細胞が腫瘍化した悪性腫瘍です。
    犬の皮膚腫瘍の中では最も多く、「偉大なる詐欺師」と言われるほど発生部位や見た目が様々です。多くの場合は、細胞診(注射針で細胞を採取して行う検査)で診断が可能です。
    肥満細胞は、様々な化学物質(ヒスタミンなど)を含んでいて、物理的な刺激で化学物質が放出され、ダリエ徴候(皮膚炎、腫れ、痒み)を引き起こす場合があります。
    治療の第一選択は外科手術による腫瘍の切除です。肥満細胞腫の場合は、周囲の正常に見える部分にも腫瘍細胞が散らばっているので、腫瘍だけでなく周囲を広く切除する必要があります。発生部位により十分な切除ができない場合や、病理検査で悪性度が高かった場合は、抗がん剤・分子標的薬・放射線療法を検討します。

対応病院はこちら

相模原プリモ動物医療センター

住所
神奈川県相模原市中央区上溝4481-5
電話番号
042-764-3345

相模原プリモ動物医療センター
第2病院

住所
神奈川県相模原市中央区中央4-14-10
電話番号
042-851-3761
PAGE TOP