予防接種

予防接種・健康診断

予防接種・健康診断

予防接種(ワクチン)

予防接種について

ワクチンは犬や猫同士の伝染病予防の注射です。子犬・子猫は、産まれてから2ヶ月後まではお母さんからもらった免疫があるので、1回目のワクチンは生後2ヶ月頃行います。その後、免疫を高めるため、数回の追加接種を推奨しています。

【子犬の場合】
生後2ヶ月で1回、その後1ヶ月ごとに2回の合計3回
【子猫の場合】
生後2ヶ月で1回、その後1ヶ月後に1回の合計2回その後は、犬・猫ともに、1年に1回の追加接種が必要です。

ワクチンでご来院の方へ

ワクチン接種(狂犬病ワクチン・混合ワクチン)により、まれにアレルギー反応が起こる場合があります。アレルギーの症状としては、主に発熱・嘔吐・発疹・顔面が腫れるなどの軽い症状から、非常に稀ですがひどい場合ではショック状態に陥り、命に関わることもあります。(アナフィラキシーショック)

当院では、アレルギー症状が起こった場合に適切な対応・処置をさせていただくためにも、ワクチン接種の時間は18時までとお願いしています。なおワクチン接種は、体調の良い日にご来院ください。

料金

※表示料金は税別です

犬7種混合ワクチン 7,000円
犬5種混合ワクチン 4,500円
猫5種混合ワクチン 6,000円
猫3種混合ワクチン 3,500円

Contact お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約は、各病院までご連絡ください。

狂犬病予防接種

狂犬病について

狂犬病は人間も含め哺乳類がかかる伝染病で、発症するとほぼ100%死亡してしまう恐ろしい病気です。狂犬病ウイルスに感染した動物にかまれることで感染します。日本では昭和32年(1957年)以降発生していませんが、流通の国際化により海外との往来が頻繁になっている現在、いつ狂犬病に感染した動物が入ってきてもおかしくない状況です。

日本では、狂犬病の流行を防ぐ為、飼い犬の登録及び毎年の予防注射が、狂犬病予防法により義務付けられています。
当院では、一年中狂犬病の予防接種が可能です。
※行政への登録代行が可能な地区は各プリモ動物病院で異なります。
(手続き代行の対象地域:厚木市・海老名市・相模原市・横浜市・座間市・愛川町・町田市・練馬区)
※詳しくはお近くのプリモ動物病院までお問い合わせください。

料金

※表示料金は税込みです

狂犬病予防接種 3,000円(税込)
※プリモ動物病院 練馬は3,100円(税込)
犬の登録及び鑑札の交付 3,000円(税込)
(初回登録時のみ必要)
注射済票の交付 550円(税込)

※当院では、アレルギー症状が起こった場合に適切な対応・処置をさせていただくためにも、狂犬病予防接種の時間は18時までとお願いしています。
※狂犬病予防注射と混合ワクチンは一緒に打つことはできません。ワクチンアレルギーが出てしまった場合、原因を判断できなくなる為です。また、2つ同時に打つと副作用が増強する可能性があります。

Contact お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約は、各病院までご連絡ください。

定期健康診断

定期健康診断の必要性

犬や猫の1年間は人間の5歳~8歳に相当し、気がつかないうちに病気が進行している場合があります。
人間と同様、中年期(小型犬・中型犬・猫で6歳位~、大型犬で5歳位~)からは栄養の代謝が低下してくると共に、心臓病・腎臓病・肺・気管などの呼吸器疾患、腫瘍などの疾患にもかかりやすくなってきます。

人間
1歳 17歳
2歳 23歳
4歳 32歳
6歳 40歳
8歳 48歳
10歳 56歳
12歳 64歳
15歳 76歳
18歳 88歳
小・中型犬 人間
1歳 17歳
2歳 23歳
4歳 32歳
6歳 40歳
8歳 48歳
10歳 56歳
12歳 64歳
15歳 76歳
18歳 88歳
大型犬 人間
1歳 12歳
2歳 19歳
3歳 28歳
4歳 33歳
5歳 40歳
6歳 48歳
8歳 60歳
10歳 76歳
12歳 86歳

料金

※表示料金は税別です

基本パック しっかりパック
予約 要予約 要予約
全コース共通検査 一般身体検査・デンタルチェック・尿検査・便検査 ・血液検査 (CBC・生化学17項目・電解質) 基本パックの内容と同じ
レントゲン 胸・腹部
超音波検査(腹部) 腹部エコー
お腹の中の見えない腫瘍など臓器の異常の早期発見につながります。
検査料金 8,000円 20,000円

オプション検査

※表示料金は税別です

甲状腺機能検査 T4 3,000円
T4/FT4 セット 7,500円
心臓エコー検査 心臓機能異常の早期発見、
心不全の進行状況の詳細な確認
5,000円

Contact お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約は、各病院までご連絡ください。

フィラリア症について

フィラリア症(犬糸状虫症)とは、フィラリアという寄生虫が蚊を介して感染し、心臓や肺動脈に寄生することで起こる病気のことです。
フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な症状を引き起こします。
放置すれば死に至ることもある、重篤な病気です。
犬の場合、投薬による予防がほぼ100%可能ですが、予防薬の効果とは、犬の体内に入ったフィラリア幼虫を成長途中で駆除するものであり、感染そのものを防ぐものではありません。
したがって成虫になってしまう前に病気を予防するためには定期的に、かつ確実に投薬する必要があります。

毎年、投与を始める時期に近づいたら、そのシーズンの投与前に、既にフィラリア症に感染していないかを調べるための血液検査が必要です。
※検査を受けずに投与してしまった場合、身体の具合が悪くなってしまう可能性があります。ご注意ください。
フィラリア症は、毎年蚊が出始める頃から、蚊がいなくなる12月頃まで、毎月1回投与することで予防ができます。

Contact お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約は、各病院までご連絡ください。

猫フィラリアについて

「“犬”糸状虫症」とありますが、猫にもかかります。
犬と比べると寄生数は少ないですが、猫は病気を隠す習性があるため、感染していても見た目で分かりづらく、気付かれずに進行してしまうケースが多くあります。

また猫のフィラリア症は犬と比べて検査などによる診断が難しいため、発見~診断が非常に難しい病気です。

そして猫のフィラリア症で一番恐ろしいのは、症状が出てしまったときには、すでに命の危険が伴う状態にある場合が多く、最悪の場合は突然死といったケースもあることです。

☆猫の10頭に1頭がフィラリア幼虫に感染歴があると報告があります。更に、その中の4頭に1頭は室内飼いの猫であったことが分かっています。

※米国犬糸状虫学会(AHS)
「猫の糸状虫感染の診断・治療・予防のガイドライン」より

対処法は“予防”のみ

猫では、もしフィラリア症を発見できたとしても、残念ながらよい治療方法がまだ確立されていません。最近の調査報告では、室内だけで生活している場合でもフィラリアに感染している猫がいることが分かっています。
蚊に刺されなければ、感染することもありませんが、日常生活で100%蚊に刺されないことは非常に困難です。フィラリア症から愛猫を守るためには、予防薬をきちんと投与することがとても重要です。

料金

※表示料金は税別です

オールインワンタイプ フィラリアと消化管内の寄生虫、ノミマダニの予防が一回でできます
剤形・予防効果 持続期間 体重 料金
ジャーキータイプ
フィラリア予防
+消化管内線虫駆除
+ノミ・マダニ駆除
約1ヶ月 1.8~3.6kg 2,300円
3.6~7.5kg 2,700円
7.5~15.0kg 3,300円
15.0~30.0kg 3,800円
30.0~60.0kg 4,200円
錠剤
フィラリア予防
+消化管内線虫駆除
+ノミ・マダニ駆除
約1ヶ月 2.3~4.5kg 1,900円
4.5~9.0kg 2,300円
9.0~18.0kg 2,900円
18.0~27.0kg 3,400円
27.0~54.0kg 3,700円
フィラリア・消化管内寄生虫予防
剤形・予防効果 投与間隔 体重 料金
ジャーキータイプ
フィラリア予防
+消化管内線虫駆除
1ヶ月に1度 5.6kgまで 700円
5.6~11.3kg 1,100円
11.3~22.6kg 1,500円
22.6~45.3kg 1,900円
錠剤
フィラリア予防
+消化管内線虫駆除
1ヶ月に1度 2.5~5.0kg 700円
5.0~10.0kg 1,000円
10.0~20.0kg 1,400円
20.0~40.0kg 1,800円

プリモ動物病院 練馬の料金

※表示料金は税別です

オールインワンタイプ フィラリアと消化管内の寄生虫、ノミマダニの予防が一回でできます
剤形・予防効果 持続期間 体重 料金
ジャーキータイプ
フィラリア予防
+消化管内線虫駆除
+ノミ・マダニ駆除
約1ヶ月 1.8~3.6kg 2,400円
3.6~7.5kg 2,700円
7.5~15.0kg 3,300円
15.0~30.0kg 3,800円
30.0~60.0kg 4,200円
フィラリア・消化管内寄生虫予防
剤形・予防効果 投与間隔 体重 料金
ジャーキータイプ
フィラリア予防
+消化管内線虫駆除
1ヶ月に1度 5.6kgまで 800円
5.6~11.3kg 1,300円
11.3~22.6kg 1,800円
22.6~45.3kg 2,200円
錠剤
フィラリア予防
+消化管内線虫駆除
1ヶ月に1度 1.25~2.5kg 600円
2.5~5.0kg 800円
5.0~10.0kg 1,200円
10.0~20.0kg 1,600円
20.0~40.0kg 2,000円

Contact お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約は、各病院までご連絡ください。

ノミ・マダニの予防について

気温が13℃を超えると、ノミ・マダニが活動します。
ノミやマダニが寄生すると、血を吸った場所に激しい痒みが出たり、以下のような病気になる可能性があります。
人に感染することもあるため、1年中気温の高い「室内飼い」であれば、年間を通じて予防を行うことをおすすめしています。
特に、マダニの増える4月~12月はしっかりと予防をしましょう!

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミに刺されることでノミの唾液に対して激しいアレルギーを起こすようになってしまう症状です。 ノミアレルギーの犬は1匹に吸血されるだけでも激しい痒みの症状が現れます。

猫ひっかき病 人に感染

人が、犬や猫に咬まれたりひっかかれたりすることで感染する病気です。
バルトネラ菌という細菌を持ったノミが犬や猫を吸血・感染し、感染した犬や猫から人へ感染します。バルトネラ菌は犬や猫では常在菌なので無症状ですが、人は丘疹・水疱ができたり傷口が化膿します。また、リンパ節の腫れや発熱、頭痛を起こすこともあり、免疫が弱まっている人は重症化することもあるので注意が必要です。

犬バベシア症

バベシア症とは、犬がバベシア原虫という病原体を持ったマダニに吸血されることで感染します。犬の赤血球に寄生し、免疫反応により溶血性の貧血を起こし、様々な症状を引き起こします。治療が遅れると死に至る場合もある恐ろしい病気です。

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
人に感染

ウィルスを保有するマダニに吸血されることにより人に感染します。
発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)を起こし、腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などを伴う場合もあります。致死率は10~30%程度と言われ、危険な感染症です。

料金

※表示料金は税別です

ノミ・マダニ予防
剤形・予防効果 持続期間 体重 料金
錠剤 約1ヶ月 1.5~2.5kg 1,400円
2.5~5.5kg 1,500円
5.5~11.0kg 1,600円
11.0~22.0kg 1,800円
22.0~45.0kg 2,100円
ジャーキータイプ 約1ヶ月 1.8~4.5kg 1,600円
4.5~11.0kg 1,700円
11.0~27.0kg 1,900円
27.0~55.0kg 2,200円
滴下タイプ 約1ヶ月 5.0kg未満 1,300円
5.0~10.0kg 1,400円
10.0~20.0kg 1,600円
20.0~40.0kg 1,800円
40.0~60.0kg 2,000円
滴下タイプ 猫用 約1ヶ月 1,200円~

プリモ動物病院 練馬の料金

※表示料金は税別です

ノミ・マダニ予防
剤形・予防効果 持続期間 体重 料金
錠剤
約1ヶ月 1.5~2.5kg 1,500円
2.5~5.5kg 1,600円
5.5~11.0kg 1,700円
11.0~22.0kg 1,800円
22.0~45.0kg 2,100円
滴下タイプ 約1ヶ月 ~5.0kg 1,400円
5.0~10.0kg 1,500円
10.0~20.0kg 1,800円
20.0~40.0kg 2,000円
40.0~60.0kg 2,200円

Contact お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約は、各病院までご連絡ください。

Contact お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約は、各病院までご連絡ください。

各病院の連絡先はこちら
PAGE TOP