混雑状況/受付

TEL 045-392-7600

受付 09:00~12:00 / 16:00~20:00

Information

整形外科

犬や猫の骨折・靭帯損傷・関節疾患・椎間板ヘルニアなど、特殊な技術と機材が必要となる治療に関しても、専任の体制で対応しています。

整形外科とは、運動器の疾患を扱う診療科です。“骨・関節・靭帯・腱・神経・筋肉”など、動物が体を動かすために必要な器官を治療対象としています。
突然触れられるのを嫌がる・階段やソファーなどの段差を嫌がる・歩き方がおかしい・立ち上がることができなくなった・便や尿の失禁などの症状が認められたときは、お早めにご相談ください。

整形外科の詳細を見る

歯科

予防歯科から歯石除去・抜歯など、
お口に関するお悩みに対応しています。

“デンタルケアの大切さ”を理解されている飼い主様でも、「歯磨きをしようとすると嫌がる」「ケアのやり方自体がよくわからない」などの理由から、何もされていない方が非常に多いです。
そのため歯周病になってしまう犬や猫が多く、さらに歯周病になってしまったとしても気付かれにくいという理由から、病気が進行してしまうケースがよくあります。
「気付いたころにはすでに進行している状態」ということを防ぐためにも、普段からのケアと早めの治療がとても大切です。
歯科の疾患は、口以外にも心臓・肝臓・腎臓・骨や関節など、全身的に悪影響を与えると言われています。それらの状態を確認するために、歯科の治療を行う前には必要に応じた検査を行います。様々な病気予防の観点からも、プリモ動物病院ではデンタルケアを積極的におすすめしています。

歯科の詳細を見る

皮膚科

食物アレルギーを
はじめとするアレルギー症状、
膿皮症や感染症など
難治性の症状も含め
様々な治療に対応しています。

動物病院において、犬や猫の皮膚トラブル(痒み・赤み・発疹・毛が抜ける・フケがでる・脂っぽい・できものができているなど)は、受診される理由の中で最も多い症状です。皮膚トラブルが原因として出てくる継続的な痒みは動物にとって時には眠れなくなるほどのストレスになります。また飼い主様自身も皮脂から出る臭いやフケの処理に悩まされ、動物と飼い主様どちらにも負担が大きい症状です。
当院では、そんなみなさまのお悩みを解決できるように、専門的な知識を持った獣医師が皮膚に関する様々なトラブルに対して診療いたします。

皮膚科の詳細を見る

血液内科

血液内科ではリンパ腫や白血病のほか免疫介在性疾患(溶血性貧血、血小板減少症、好中球減少症)など血液や骨髄の疾患について調べ、適切な治療法を提案しています。

白血病や貧血などは、血液の成分や血液をつくる骨髄が異常をきたす病気です。
診断には血液検査を行うことが一般的ですが、血液の塗抹標本を作成し顕微鏡で観察したり、必要に応じて骨髄検査を用いることもあります。合併症を引き起こしていることも多く、しっかりとした診断と治療が必要です。
そのため総合的な内科診療の知識が求められます。また、病気と生涯付き合っていかなければならないケースも多いため、まず病気をよくご理解いただき、投薬治療を行う上でのメリット・デメリットを丁寧にお伝えしております。

Message

院長写真

院長 草場 宏之

【学歴】日本大学生物資源科学部獣医学科卒業
【研修歴】東京医科歯科大学医歯学総合研究科 研修生終了
【所属学会】獣医麻酔外科学会・日本小動物歯科研究会
【主な診療科目】一般診療(外科・内科)、救急診療、整形外科、歯科

動物たちと飼い主様を導く、コンシェルジュの役割を

横浜戸塚プリモ動物病院院長の草場です。
当院では、地域と結ばれた“おせっかい”な動物病院を目指して日々診療を行っております。

大切な家族である動物たちがより(長く)(健康に)(楽しく)ご家族と暮らせる様に、気付いた事があれば時間の許す限りお伝えするようにしています。
また、犬・猫の性格や体質、ご家族の思いも様々ですので、個々のケースに応じたオーダーメードな治療を心がけております。治療の事や費用その他、気になる事がありましたら遠慮せずにご相談ください。
私の持論ですが、(食べること)と(歩くこと)は、動物の“要”だと考えています。そのためには、口(歯科)と関節(整形外科)はとても大切なところです。当院では歯科と整形外科に特に力を入れておりますので、お困りの事がございましたらご相談ください。

動物たちとの暮らしの中で「何かおかしい」「いつもと違う」と思ったら、翌日に延ばさずにご相談ください。毎日共に暮らすご家族の観察力は確かだと思いますので、心配に思われたら、その都度相談に来ていただきたいと思います。

メッセージの続きを見る

Staff

獣医師

  • 副院長 近江 幸太

  • 獣医師 塚原 昌史

  • 獣医師 青木 亮

動物看護師

受付

Facilities

受付

入り口正面に受付がございます。
各種受付、会計をこちらで行います。

待合室

受付左側が、明るく広い待合スペースです。全面ガラス窓で光を多く取り込みます。

診察室

モニターが設置された広い診察室で、
獣医師による診察を行います。

猫待合室

緊張しやすい猫のために安心して待てるよう猫専用の待合室を設けています。

立ち合い室

入院・ホテル中のご面会や、セミナーなどを行います。

手術室

高度な医療機器を揃え、動物の状態を安全にモニタリングしながら手術を行います。

この病院のTOPへ戻る

TEL045-392-7600

09:00~12:00 / 16:00~20:00