Primo 採用情報サイト Primo Animal Hospital Group

動物のいのちを救う可能性の幅を、あなたと拡げたい 動物のいのちを救う可能性の幅を、あなたと拡げたい

Primo Animal Hospital Group - recruit site

Know
your team チームを知る

実際にプリモで働く獣医師・動物看護師に、プリモ動物病院についてインタビュー形式で語ってもらいました。

CLOSS TALK

  • 2015年新卒入社 後藤 瞬
  • 2012年中途入社 今井 巡 院長

『プリモで技術レベルはどこまで上げられるのか?』

INTERVIEW 01

2015年中途入社 小林 春奈

プリモで働く獣医師に、プリモ動物病院についてインタビュー形式で語ってもらいました。

INTERVIEW 02

2013年新卒入社 井上 香菜子

プリモで働く動物看護師に、プリモ動物病院についてインタビュー形式で語ってもらいました。

RECRUIT MOVIE

FAQ よくあるご質問

病院の所在地を教えてください。

神奈川では相模原市に4院・厚木市と横浜市戸塚区に1院ずつ、東京では練馬区と町田市に1院ずつの 計8院を展開しています。国外では台湾に系列病院があります。

従業員の人数を教えてください。

HP『会社を知る』を参照してください。

対象動物の幅を教えてください。

診察対象は各院院長の裁量に任せています。基本的には犬猫がメインになりますが、中にはエキゾチックペットを積極的に受け入れている病院など、対応はさまざまです。

特に何に強い病院ですか?

各病院に専門科診療をもっているのでそれぞれの病院で強い分野は異なります。
詳しくは、プリモグループHP『専門科診療』を参照してください。

予算達成のノルマはありますか?

病院ごとに予算は決められています。ただし、病院ごとや個人に対してのノルマはなく、予算未達成による罰則や減給などもありません。

会社で決められた治療方針はありますか?
また、新しい治療方法を取り入れることは出来ますか?

会社のミッションとして掲げている「困った時に一番はじめに思い出してもらえる動物病院であること」を主軸に、スタッフ同士がカンファレンスしながら最適な治療を提供できるように心がけています。 また、新しい治療方法についても、否定的な判断はせず、カンファレンスのうえ、最良と判断した場合は取り入れるようにしています。

配属はどうやって決まりますか?行きたい病院にいけますか?

入社前に一人ひとりの個性や将来の希望、適正などをしっかり見極め、どこの病院に配属すれば成長できるのか、自身の向かいたい方向へ伸ばしてあげられるのかを考え、配属を決めています。獣医師1年目を戦力として考えており、数合わせのような配属はしません。そのため、もしかすると本人の希望通りの病院配属ではないかもしれません。しかしあなたが配属されたその理由が必ずその病院にあります。ぜひその理由も仕事をしながら探してみてください。

転勤はありますか?

定期的な異動はありませんが、本人の能力・資質等を考慮し配置転換させることがあります。

教育制度の有無とその内容を教えてください。

4月入社後2週間は社会人研修があります。その後は各病院への配属になり、上長と一緒に仕事をしながら定期的に実施される研修会に参加し、同期生と顔を合わすことになります。現場での教育については、ガイドラインを元に各病院の実務に合わせたアレンジの下で実施します。

面接では何を聞かれますか?どう答えたら良いか教えてください。

面接ごとに質問は異なります。 話す内容だけでなく、表情や返答の仕方、挨拶の時の元気の良さ、笑顔、自分の考えがきちんと整理されているか等、総合的に判断します。 また、動物病院はチームによる連携が必須の為、しっかりとコミュニケーションが取れるかを重視しています。

就職先で迷っています。大学病院と一次診療の病院のどちらを先に行くべきでしょうか。

将来、何をしたいかによると思います。 一次診療の病院では知識や技術だけではなく、飼い主様への対応なども学べると思います。 また大学病院では一次診療の病院では見られない難しい症例を診る機会があるかもしれません。将来の自分の形に合わせて選択するのが良いと思います。

将来開業希望ですが、そういった希望をもっていても採用してもらうことは出来ますか?

はい、できます。 開業を目指した獣医師も歓迎しています。プリモ動物病院では、新卒獣医師も3年目までに開業できるレベルの診療経験を積むことができます。

内定までの流れについて教えてください。

プリモ動物病院では、入社後のミスマッチをなくす為、面接時の履歴書を廃止し既定のレジュメにて選考を行っています。 また、新卒に関しては複数回による面接は応募者へ負担がかかると考え、基本的に面接は1回としています。ただし、1回の面接は形式的なものではなく、お互いが分かり合うという目的で実施しています。