仲間を知るINTERVIEW

動物看護師

インタビューINTERVIEW

芦澤 美乃里芦澤 美乃里新人動物看護師にとっての
プリモ動物病院とは

2017年新卒入社芦澤 美乃里

プリモ動物病院を選んだ理由を教えてください

元々は安定している企業病院を探していたのですが、学生の頃に参加したインターンシップで自宅からも近いプリモへ実習に行きました。そこでの院内の雰囲気やスタッフ同士も仲が良く信頼し合っている様子を見て、私もここで一緒に働きたいと思い、就職を希望しました。

プリモ動物病院の雰囲気や特徴を教えてください

他の動物病院と比べて、雰囲気はだいぶ違うなと思いました。スタッフ皆が、明るく楽しそうに働いている姿が印象的で、働きやすそうだと感じました。

現在の仕事内容を教えてください

受付や日常ケア、動物の保定やカルテの管理、手術の助手や薬剤の管理等、動物看護師の一通りの仕事は行っています。
その他に清掃・消毒はもちろん、院内のPOP制作等も担当し、看護師コラムを交代制で作成しています。
院内では「あったらいいな」と思う提案・意見は出しやすく、院長・看護師長含め、スタッフ皆で意見を出し合っています。本社からも販促面でのフォローや運営面での整備などがあり、環境も整っています。

新人が働きやすい環境ですか?

入社後1ヶ月は新人研修(OFF-JT)があり、その後臨床研修(OJT)があります。新人研修では、社会人としてのマナー研修や電話・受付のロールプレイング、フォローアップ研修等があり、ディスカッションでは問題にぶつかったときの対処法や捉え方・考え方のポケットを増やしていく研修を受けました。他院に比べて研修が多い為、入社当初の私は、友達とのスタートの差に「早く現場に出てスキルを磨きたい」という気持ちもありましたが、3年働いて、当時の研修が“自分の大事な土台”になっていることを実感しています。看護師長や先輩方はとても話しやすく、メンターとして歳の近い先輩が常にサポートしてくれるので、ちょっとした相談や質問もしやすい環境だと思います。

今まで働いてきた中で、
嬉しかったことや感動したことなど、
一番心に残ったエピソードはありますか?

初めて飼い主様に名前を憶えてもらえた時はすごくうれしかったです。
プリモ動物病院では、飼い主様とスタッフとの距離が近く、気軽に話しかけてもらえます。
私が最初に赴任した病院でずっと歯磨きをさせてもらっていたワンちゃんが、私が異動になってからも異動先にまで来て下さるようになったんです。「芦澤さんに歯磨きをしてもらいたいんだ。」と飼い主様は仰って下さり、先輩からは「芦澤さんのお客様だね」と言って頂けました。ご自宅は遠方ですが、今でも週に1回は来て下さいます。
飼い主様に名前を憶えてもらい、動物たちの元気な姿を見るとすごくうれしいです。動物看護師になって本当によかったと思う瞬間です。

芦澤 美乃里

どんな動物看護師を目指していますか?

今後、立場が変わっても常に飼い主様・先輩や後輩スタッフ、誰からも話しかけやすく相談しやすいような存在になりたいと思っています。

学生さんへ向けたメッセージをお願いします

私は学生時代、研究室が臨床系ではなかった為、技術・知識は就職してから身につけました。
就職に向けて、事前にこういうことをやっておいた方がいい等はそれぞれあるかと思いますが、就職してからでも技術・知識は身につけられます。特にプリモ動物病院では、一からのスタートで活躍している人が沢山います。学ぶ環境・フォローしてくれる体制が整っています。
在学中は、就職後のことを気にして動くのではなく、やりたいと思っていること・研究等あれば、今それを全力で取り組んでください。
皆さんのがんばりを応援しています。

プリモ動物病院を選んだ理由を教えてください

プリモへ実習に行った際、雰囲気がよく皆イキイキと働いている姿が印象的でした。プリモは病院が何院もあり、たくさんのスタッフがいて、それぞれが得意な分野を伸ばしつつ働いている。ここなら、たくさんの仲間と助け合いながら仕事ができると思い、就職を希望しました。

新規病院の立ち上げメンバーになるまでの経歴を教えてください

相模原プリモ動物病院(現:医療センター)で5年勤務した後、センター第二病院の立ち上げメンバーとして新規病院のオープンに関わりました。新しく病院ができると聞き、さらに自分が立ち上げメンバーとして選ばれたことにとても驚きましたが、それと同時に「良い病院を創りたい」という意欲が湧きました。また、その頃には既に後輩を指導する立場でもありましたが、これまで一緒にやってきた院長と看護師長も一緒だということで、とても心強く、安心でした。

新人を指導する上で、気を付けていることがあれば教えてください

間違ったことをしてしまった時は、すぐにストレートには言わず、なぜその子がそう思ったのかを考え、相手の気持ちになってフォローするように心がけています。私は元々、あまり人にはっきり物事を言えるタイプではないのですが、その子の今後の事を考え、必要な時にはキチンと相手が理解するまで伝えるようにしています。うれしいことに、後輩からも仕事のことはもちろん、それ以外のこともよく相談を受けることがありますね。

新規病院の立ち上げで苦労したことや嬉しかったことはありますか?

やはりオープンするまでは、新たに病院を作り上げて、患者様が来てくれるかどうかすごく不安でした。またオープン直前は新しい機材やその使い方、その他にも準備が慌ただしく、とても大変でした。
準備で追われる最中ではありましたが、少しでも色んな方に知ってもらえるよう自分達でPOPを作成する等、スタッフ皆で工夫も凝らし、患者様の来院へつなげることが出来ました。
近いからということでグループ院のセンターや相模大野から来院される方は多かったですが、初めてプリモを利用されるという方が来て下さった時は、やっぱりうれしかったですね。また、“イチから創り上げる”ということに携わることが出来て、より一層「自分の病院」という意識も高まり、仲間同士の絆もさらに強くなったと感じられました。

井上 香菜子

現在の目標を教えてください

人としても、動物看護師としても、後輩に尊敬されるような人でありたいと常に思っています。

学生さんへ向けたメッセージをお願いします

私はプリモへ入社して、大学や専門学校では学ぶことが出来ない、飼い主様とのコミュニケーションや「命の重さ」を知りました。来院され、その方の大事な家族を診療する、その子に対する責任の重さは、習ってきた授業とは違うものを感じます。また、私は、コミュニケーション力がある方ではなく、飼い主様とのコミュニケーションは学校で習うことも出来ないので、現場で経験を積みました。
皆さんもこれから、社会人になって色々なことを学んでいかれると思いますが、沢山勉強して、どんどん吸収していってください。入社して最初の数年が一番大事な時だと思います。
プリモは総合診療を基本としながらも、1.5次診療や様々な専門科診療があり、「勉強できる動物病院」です。
入社後は研修や定期的に自己評価シートを書くため、明確な目標設定が出来ます。目指している方向や自分の長所をしっかりと見てくれる環境があり、且つその方向へ導いてくれるので心配はいりません。何年かすると動物看護師としてのスキルも身について、自分のやりたい方向性が見えてきます。そんな時、周りの応援や、勉強できる環境、動物看護師としてもスキルアップを望める環境が、ここ「プリモ動物病院」にはあります。私もこれから、もっと学んでいきたいと思っています。皆さんもぜひ一度、プリモの実習を経験してみてください。感じるものがあると思いますよ。

PAGE TOP